カテゴリ:八島 隆( 5 )

PALS 楽風展

住まいの会の会員4人が参加する「楽風展」が開催されました。
PALS(埼玉の建築や集団)による作品展です。
 日時:平成29年10月19日~24日
 会場:日本茶喫茶・ギャラリー 楽風(らふ)

テーマは「時とともに」
 古美る、家も歳をとります。
 正直に潤いのある歳をとりたいものです。
 住み手も歳をとります。家族が増えることも減ることも。
 この変化に柔軟に対応するには。
 季節によって、また一日の時間によって、うつろう自然とどう向き合うか。
 時代とともに変わる技術、要求される性能の進化、
 これにも目を背けるわけにはいかない。
 時とともに、いろいろな切り口がみえてきますが、
 さて、建築家は何を考えているのか、、、
 (チラシより)

b0115619_22140266.jpg

b0115619_22140768.jpg































21日のギャラリートーク写真

埼玉住まいの会  八島 隆



by sumainokai | 2017-10-25 21:53 | 八島 隆 | Trackback | Comments(0)

PALS 楽風展の案内

住まいの会の会員、松澤、永田、八島も参加する PALS 楽風展のご案内です。

日時:平成27年10月8日(木)~13日(火)
    10:00~19:00 (最終日のみ17:00まで)
会場:日本茶喫茶・ギャラリー 楽風(らふ)
    さいたま市浦和区岸町4-25-12

日本茶喫茶に付設のギャラリーで、建築家6人+庭師さんの作品展を開きます。
10日(土)は、庭師グループ(庭連)による竹で茶室をつくるインスタレーションと、ギャラリートークの予定もあります。ギャラリー入場は無料です。
b0115619_9544721.jpg

by sumainokai | 2015-09-18 10:02 | 八島 隆 | Trackback | Comments(0)

新国立競技場について <元倉眞琴さんからの公開書簡>

元倉眞琴さんから安藤忠雄さんへの公開書簡を紹介します。
(元倉眞琴さんのfacebook にアップされています)
b0115619_170250.jpg

(画像は書簡には載っていません)

 拝啓、安藤忠雄 様

 同じ建築家の知人として、提言を申し上げます。

 貴方が独学で建築を学ぶなど人一倍の努力を重ね、これまで多くの優れた建築を創り出してきたことに対して、私は常に深い敬意を寄せてきました。
 貴方の姿勢はいつも弱者である名もない人たちへの味方をするものでした。神戸淡路大震災での行動や、東日本大震災での行動はそのことを良く表しています。そして自然を守り、失われた自然を取り戻そうとする運動は多くの人の共感を得ています。
 貴方は建築をデザインするとき、「その環境に一番適した建築の在り方は何か」というテーマを追求し続けてきました。六甲の集合住宅での地形と建築のあり方、淡路島での植物のための地形の構築、地中美術館での景観への配慮、表参道でのケヤキの並木を配慮した建築の高さへの配慮など、植物や地形などの自然や景観に対する優しい関わりこそが安藤建築である、ということができるでしょう。

 地球環境の危機が叫ばれている現在、世界は貴方という人と貴方のつくる建築が示している環境への優しさを、必要としています。そして貴方がこれまで探求し続けてきたものは、これから向かうべき私たち社会の象徴としての役割を担っています。安藤さん、私は今世界中の人が貴方の「何に」高い評価を与えているのか、そのことを改めて認識して欲しいと思います。

 ここで改めて「新国立競技場」の問題を考えてみましょう。
 どう考えてもこのプロジェクトはこれまで築き上げて来た貴方の思想、貴方の建築、そして貴方の神話(ストーリー)にそぐわないものです。
 樹々を切り倒して神宮外苑を荒らしてしまうことは、ほんの少しの樹木でも守ろうとしてきた貴方の自然観に合わないはずです。
 あまりにも巨大な構築物は、貴方のいつもの景観に配慮する態度とも合わないはずです。表参道での提案とどのように辻褄を合わせるのでしょうか。
 あるいはこの競技場案が景観的にスケールアウトのものではないと思っているとしたら、貴方のスケール感(音痴)はプロである建築家としては恥ずかしいと思います。
 貴方が常に力を貸してきた弱者である名もない人たちに対して、今回は味方にはならないのはどうしてなのでしょうか。

 私はここで貴方が勇気を持って行動してくれるものと信じます。
そうすることによって世界を含めた私たちが、これまで信じてきた貴方に対する評価を持ち続けることができるからです。
 私は貴方に以下のことをしてくださるよう希望します。
 今回の新国立競技場の案を神宮外苑につくることを一度凍結してください。そして改めて、英知溢れるすばらしい改修案のプロジェクトに移行するか、あるいは、湾岸地域にザハ案を建設するかの検討をしてください。
 確か前回貴方が提案した湾岸エリアにメインスタジアムを置く「みどりと風の道の提案」は、東京の自然環境を積極的に改善するという、貴方の思想そのものを良く表した優れた提案でした。今からそれをやりませんか。

 確かに今では国の体制の一部を担っている貴方にとって、今から決定を覆すことはそう簡単なことではないかもしれません。ただし、勇気を持ってこれが実行されれば、貴方の思想や貴方の建築の一貫性は保たれ、環境と建築の神話はさらに強化されることになります。
 今の計画を転換することによる多くのハードルは私たち建築の仲間や、市民の仲間、そして世論の力で乗り越えていくことができます。その努力は惜しまない覚悟です。
 もし新たな国立競技場に向かって進むことができるのなら、そのとき東京オリンピックは、みんなが心を一つにした本当のお祭りになるでしょう。それがオリンピックの原点なのではないでしょうか。

 勇気を持って、舵を取り直してください。                               
                                   敬具
                        平成26年6月9日
                            元倉 眞琴


さて、皆さんのご意見は。
by sumainokai | 2014-06-25 17:02 | 八島 隆 | Trackback | Comments(0)

鉄骨階段

工事中の現場写真です。
ロフトにのぼる階段、軽くみせたいので鉄骨に。
ささら桁の巾は180mm。当初150mmで設計していたのですが、
工務店さんから心もとない、と言われてサイズアップ。
実際のぼってみると、びくともしない。150で問題なかった?
b0115619_16132252.jpg

部材のサイズを決めるのは難しい!

八島 隆/八島建築設計室
by sumainokai | 2013-11-20 16:14 | 八島 隆 | Trackback | Comments(0)

大屋根のちいさな家 「鴻巣の家」 着工

b0115619_10532566.jpg

「鴻巣の家」が着工しました。
平屋建ての小さな住まいです。工務店さんが、若手の教育のために手刻みでやってくれることになりました(プレカット並みの価格で)。
建て主さん、ご心配なく。ベテラン棟梁がついています。

ところで、消費税絡みでいつ住宅を着工したらよいのか、巷で話題になっていますが、そもそも住宅って消費財なの?

八島 隆 八島建築設計室
by sumainokai | 2013-08-05 10:56 | 八島 隆 | Trackback | Comments(0)