住まいの会 研修旅行2017<長野>の報告

 今年の街並み・建物見学の研修旅行は、長野へ。天候にも恵まれ、気持ちよく名建築を体験してきました。
 9月3日:高山村一茶館、小布施町図書館、飯山市文化交流館、飯山市美術館、正受庵を見学、宿は斑尾東急リゾート ホテルタングラム。
 9月4日:善光寺、長野放送局、長野市博物館、長楽寺を見学。

■高山村一茶館(1966年 設計:岡田新一)
建物の全貌がみえず、なぜこの形になったのか、よく分からず、、、
b0115619_17443805.jpg















■小布施町図書館(2009年、設計:古谷誠章)
スケール感がよく、心地よかったです。
幅広い年齢層の来館者が利用、気持ちいいのは共通みたい。b0115619_17445847.jpg















■飯山市文化交流館(2016年、設計:隈研吾)
どう評価してよいのか、分かりません。
木造でもないのに木の梁らしきものが。
公共施設でメンテが大変な材料の使い方、10年後はどうなっているのでしょうか。
b0115619_17460910.jpg















■飯山市美術館(1997年、設計:宮本忠長)
b0115619_17463289.jpg















■長野放送局(1998年、設計:みかんぐみ)
19年前とは思えない。いろんな意味で劣化していない。
コンペに勝ったのは、作品性だけではなかった。
b0115619_17510170.jpg















■長野市博物館(1981年、設計:宮本忠長)
b0115619_17512629.jpg















■長楽寺
姥捨て山、本当にあった話なのか???
b0115619_17520068.jpg



























埼玉住まいの会  八島 隆


by sumainokai | 2017-09-06 23:39 | ●活動報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumainokai.exblog.jp/tb/27533497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PALS 楽風展 研修旅行 報告その2 >>