タグ:見沼 ( 3 ) タグの人気記事

<見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家>見学会初日

b0115619_21403577.jpg
b0115619_2141139.jpg


<見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家>見学会初日が無事終わりました。

現場の進行が遅れ気味で、告知が遅れたかな・・・という感じではありました。建築関係の仲間、建てぬしさん候補の方などがいらっしゃいました。
正直言って、完全に終わっていない状態でご覧いただくのが心苦しいのですが、ほぼ全体は感じて頂けたとは思っています。
今まで何回もコラボしている構造家の贄田泰然氏が「今までの中で一番気に入りました」とのことでした。
また建てぬしのTaさんもお見えになり、足場が外れて急ピッチで完成に近づいた今の状態を見て歓声を上げてお帰りになりました。

明日も見学会はオープンしていますので、皆様ぜひいらしてください。

芳賀敏夫/アトリエラビリンス建築環境設計
by sumainokai | 2013-08-17 21:44 | 芳賀 敏夫

足場が外れる-全貌が見える

b0115619_9583535.jpg

b0115619_959495.jpg

<見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家>の現場は完成見学会に向けて急ピッチで進んでいますが、内部もだいぶ出来てきて、外部の要である外部吹き付けも終わり、やっと足場解体に漕ぎつけました。

植栽工事は引っ越し後となりました。残念なのは、完成時には植えておこうと思った、1階テラスから2階バルコニーを貫通して、住空間に潤いを与える要となる樹が引っ越し後になってしまったことです。本来6月完成を目指していたのですが、消費税増加前とあって鉄骨屋さんが忙しく上棟が延びてしまい、後の工程に影響を与えました。そして樹の移植には不向きな8月を迎えてしまって、結局移植は10月以降となった次第です。

その雰囲気はとりあえずは前回掲載したパースなり、模型でイメージしていただく他はありませんが・・・・・・


芳賀敏夫 アトリエラビリンス建築環境設計
by sumainokai | 2013-08-10 09:59 | 芳賀 敏夫

<見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家>完成見学会

b0115619_2012121.jpg


b0115619_20122443.jpg


さいたま市見沼区の<見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家>が近々完成いたします。

つきましては、ぜひ皆様にご覧いただきたく、ここにご案内申し上げます。

・日時:H.25年8月17(土)、18日(日)10時半~16時半        
・場所:埼玉県さいたま市見沼区
 大字中川字八幡1033番25

・設計・監理:アトリエラビリンス建築環境設計       
 http://www13.big.or.jp/~a-lab/                      
 TEL;048-432-9987 MAIL;a-lab@big.or.jp                   
・施工:(有)エヌズ・ファクトリー
・敷地面積:441.13㎡
・構造:鉄骨造
・床面積:1階;83.20㎡、2階;73.78㎡、延156.98㎡

*当日の連絡先 芳賀、携帯080-4007-6254
*敷地周辺に車を止めておくことは可能です
■『見沼田んぼを望む河岸段丘に立つ家/Taさんの家』

建てぬしさんはこの見晴らしが気に入り土地を購入されました。
敷地の西側が本当に開けていて見沼田んぼを超えてソニックシティまで見通せます。このプロジェクトはこの眺望が第一のコンセプトです。
気持ちがよいのですが、西南にこの眺望に入り込んでしまう建物があります。この西南の建物を視界から外すための<コントロールウォール>を住宅の連続として作る案を考えました。これが南面の大きな袖壁で、デザイン上の重要な要素で、内部から外部への視線の誘導にも役立っています。

また2階床と同一レベルで2階床から連続した大きなバルコニーの広がりが、より一層見沼側への広がりを強調します。バルコニーには屋外用ソファーが置かれる予定です。
バルコニーを貫通して1階から立ち上がる樹木は漠としがちな空間をきりっと閉める要となります。
この大きな張り出した2階バルコニーは冬場の1階への太陽光利用を制限することとなりますが、これの補償の意味で北側階段ホール上部に大きなトップライトを取り、太陽光が直接1階まで降り注ぎます。もちろん夏場はこのトップライトはロールスクリーンで遮蔽されます。
西側開口部が巨大であり、トップライトも大きいので、そこには高性能LOW-Eガラスを使っています。
大開口部がありながら、省エネルギー性は、『トップランナー基準』を満たしています。
これは、融資を住宅金融支援機構の『フラット35Sエコ(金利Aプラン)』を使っていて、その中のバリエーションの一つとして『トップランナー基準』があることとも関係しています。
断熱は高性能断熱材の外断熱となっています。

アトリエラビリンス建築環境設計
by sumainokai | 2013-08-05 20:14 | ●イベント案内